スタバ カードの使い方!pin番号なども解説します!

今回はスタバカードの使い方、pin番号が分からない方に向けて解説していきたいと思います。

最近、キャッシュレス化が進んでおり、スタバのカードまでもが普及してきました。

ですが、今でも現金以外の使い方が分からない方や、高校生などにも向けて紹介していきたいと思います。

スタバカードの使い方


スタバカードの基本的な使い方はチャージをして使うプリペイドカードです。

スタバでの支払い時に、レジにてスタバカードを定員さんに渡すことで決済は完了します。

スタバカードにチャージしてある残高から購入額が自動的に引かれます。

公式アプリで利用したい場合は、スタバカードをWeb登録する必要があります。

スタバカードは種類や形状が異なっても機能は同じとなっています。

どちらのカードも機能は同じです。

なので、すぐにカードを作りたい方や、カードを持ち歩きたくない方は、 公式アプリ で発行するのが一番簡単となっています。

デジタルスタバカードは支払いの際に、店員さんにカードを渡す必要がなく、携帯電話にバーコードを表示させて決済することができます。

一番ベーシックなのが、プラスチック製のスタバカードとなっています。(最近は紙製カードに変わりました)

このカードは、全国の店舗(※一部店舗を除く)や公式アプリ・オンラインストアなどで実質無料で即時発行することができます。

※最低チャージ金額の1000円だけ掛かかります。

カード代は無料です。

スタバのレジの横に並んでいることが多いので目にしたことがある方は多いと思います。

季節や地域ごとの限定品など、かわいいデザインも多いので、プレゼントとしてよく使われます。

ぜひ、スタバ好きの方にプレゼントを贈る際はスタバカードを送ってみてはいかかでしょうか。

最近では環境保全の観点から、紙素材のスタバカードも販売されています。

変わり種としてペン型、そしてキーホルダー型のスタバカードがあります。

STARBUCKS TOUCH The Pen(スターバックス タッチ ペン)は、文具メーカーのゼブラとの共同開発したものとなっています。

デザインは高級感のある金属仕様となっており、インクはコーヒーをイメージしたブラウンです。

カラーは、コーヒーをドリップするときに使うステンレスのケトルやセラミックのドリッパーをイメージしたシルバー、ブラック、ホワイトの3色展開となっています。

この商品は、おサイフケータイと同じ要領で、ペンをIC端末にかざすだけでスタバで簡単に支払いできます。

タッチザペンの本体価格4400円(税込)にチャージ額1000円の合計5400円となっています。

専用ボックスに入って届くので、スタバ好きの方へのプレゼントに良さそうです。

スターバックスにはキーホルダー型のプリペイドアクセサリーなどもあります。

「STARBUCKS TOUCH The Drip」というこの商品は、アパレルブランドの「BEAMS/ビームス」がプロデュースということで注目を集めました。

バッグやベルトに取り付けたり、車のカギと一緒にキーケースに取り付けたりと、コーディネートアイテムとしても使えるデザインとなっています。

こちらもFeliCaのICチップが埋め込まれており、IC端末にかざすだけでスタバでの支払いができます。

第2弾発売の際には、店舗に大行列ができたそうです。安全性の観点から、急遽販売が中止になったほどです。(その後改めてオンライン抽選で販売)

スタバカード同様、STARBUCKS TOUCH The Dripもチャージすることで、スタバでの買い物ができます。

こちらは、スタバの公式サイトおよびにBEAMSのサイトにてエントリーし、抽選に当たった人のみ購入できるといった大人気商品です。

STARBUCKS TOUCH The Dripは本体価格3740円(税込み)にチャージ額1000円の4740円で販売されていました。

pin番号はどこに書いてあってどう使うのか

スタバカードにはpin番号というものがあります。

これはアプリにスタバカードを登録するときに使います。

このpin番号はスタバカードの裏面を削るとかいてあります。

まとめ

今回はスターバックスカードのことやpin番号について解説しました。

ぜひ皆さんもプレゼントなどに利用してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました